So-net無料ブログ作成

ゴー傑Pライブ~in 京橋花月~ (@京橋花月)

去年の3月に終わってしまったラジオ「ゴー傑P」の復活イベントに行ってきました。

ゴー傑Pというのは新喜劇座長の小籔千豊さんと笑い飯が3年間深夜2時から5時までやっていたラジオです。
深夜の時間帯にやっていたにもかかわらず、前回の復活イベントは即日完売になるぐらいの人気で、またこのラジオがきっかけで小籔さんが「プリン」を出すことになったり、ラジオで構想していた例えツッコミの王者を決める「T-1グランプリ」が実際に去年の11月今年の8月にイベント化され、9月にはテレビ化されたりと結構珍しい感じのラジオです。
ゴー傑P自体も去年の1月にテレビ化されてました。

ラジオの主な流れは
オープニング3人でフリートーク
 ↓
その道のプロフェッショナルの人をゲストに迎えトーク
 ↓
3人でリスナーからのメール紹介とフリートーク
ってゆう感じなんですけど、このゲストとのトークがほんとに面白いんです。

今回のイベントも立ち見が出るくらいの盛況ぶりで、終わってから1年以上たっているラジオのイベントにこんだけの人が集まるのはすごいと思いました。

ラジオ聞いてない人には一切意味わからないと思うんですが、自分のメモ用にレポ書きまーす。

・オープニング
スターウォーズのBGMが流れた後、実際にラジオであった名物ゲスト日本旅行の平田さんに「プリン」を歌わせないノリの音声が流れ、3人が登場。
 ↓
・フリートーク
おもに小籔さんの民主党批判w
あと座長のツイッターでの素人とのからみ。
笑いは差別から成り立っているのか。とか
 ↓
・1人目のゲスト
唯一のレギュラー(最終回の3回前からレギュラーになり次の回にもうクビになったw)隼ポリンさん登場。
トランポリン芸を披露して退場。たぶん5分ぐらいw
 ↓
・歴代ゲストと電話でトーク
過去のゲストを軽く振り返り、人気のあったゲストが電話で登場
 AV監督の村西とおるさん
 翻訳家の太田直子さん
 料理人の金満福さんはテレビ電話で登場
 ↓
・2人目のゲスト
「ゴー傑P」最多ゲスト出演の添乗員の平田進也さんが登場。
関西ではちょいちょいテレビに出てる名物添乗員さんなんですがこの人がホントに面白い!!
笑い飯と座長が次々にボケていくの全部拾って笑いに変えてました。
 ↓
・エンディング

19時半開演で終わって時計見るとなんと23時過ぎ!!3時間半以上のイベントさ初めてでしたが、懐かしい&面白いであっちゅうまでした。

ニコ動に結構あがってるのでちょっとでも興味あった人聞いてみてください!!
個人的に好きな回のリンク貼っときます↓
ゲスト 添乗員 平田進也さん
ゲスト 漫画家 新條まゆさん
ゲスト プロビリヤード選手 江辺香織さん

ラジオで復活してほしーなー。。

ローソン ジャズウィーク 2010 Michel Camilo QUARTET Special Session (@森ノ宮ピロティホール)

ついに生でMichel Camiloを見れました

僕は大学の軽音サークルと他大学のジャズ研を掛け持ちしていたんですが、1回のときジャズ研に入ってすぐカミロの『One More Once』というアルバムを聞いてむちゃくちゃ衝撃を受けたんです。
そのときはジャズの知識が全く無かったんですが、明らかに超絶技巧だとわかるピアノといい感じに気持ちが上がるラテンのリフにこんな音楽があるのかと、一気に音楽の世界が広がりました。

そして今回大阪で、しかも6300円ということで4年越しにやっと見ることが出来ました!!

そして、プレイログのお友達であるitukiさんが仕事で行けなくなってしまったということで、なんと1枚ゆずっていただきました!!
本当にありがとうございました!!

なんで3人で行く予定だったんですが、後輩も誘って4人で見に行きました。


開演時間から10分遅れで今回のメンバー
Pf:Michel Camilo
Ba:Anthony Jackson
Dr:Cliff Almond
Per:Guarionex Aquino
が登場。MCでゆってましたが、カミロとパーカッションのアキーノは高校の同級生だそうです。

なんか森の中にいるような感じのセッションが軽くあった後、1曲目は「Tropical Jam」!!
のっけからカミロとアンソニーの超絶ユニゾンに圧倒されました。
カミロもクリフアーモンドも1曲目から手数全開の超絶ソロで、ほんまずっと鳥肌たってましたね。
(クリフアーモンドはくるりのサポートも多数やっているので聴いたことあるかも!!『アンテナ』とか『NIKKI』とか。)
((アルバムには入ってないんですけど「地下鉄」という曲のクリフアーモンドの演奏がすごいです。))
(((くるりはめっちゃ聞いてるわけではないんですが『アンテナ』の頃が一番好きです。)))
((((あとクリフとアンソニーはなぜか矢野顕子のサポートもしてます。))))

2曲目はしっとりめの「Dreamlight」。
そのあとの曲はタイトルわからない&忘れたんですけど、ラテンをベースにバラード、スウィングの曲もいくつかやって1st set終了。

全員もちろんすごいんですが、今回生で見てアンソニージャクソンに釘づけになりました!
全体的に手数が多めのカミロの演奏をよりスピード感を増すようなベースがすごかったです。音もソロではエレアコのような、スウィングのパートではウッドベースのような感じの音でほんとに変幻自在。あと弾くフレーズ全部実際に歌いながらやっている感じでした。すごい。

15分休憩の後2nd setスタート。

まずはカルテットで1曲やった後、ゲストのうちの1人であるSaxの寺久保エレナが登場しました。
結構おとなな感じの人出てきたなーと思ってたんですが、パンフレット見たらなんと高3!!!
音響の関係のせいか、音が若干ペラペラな感じがしましたが、2曲ともすごいパワフルなソロ連発で、まったく物応じしてない感じがすごかったです。まだ18やのに…。

次に2人目のゲストであるバイオリンの寺井尚子が登場。
蚊取り線香のCM出てたの知ってるぐらいでCD聞いたこととかは無かったんですが、むっちゃかっこいい!!!!
1曲目がバラードだったんですが、音の圧がすごい!ソロも体全体で表現している感じでとにかくかっこよかったです。
そして2曲目はやっと「Caribe」!!
当然今日一番の盛り上がりでした。あのキメの多いメロディをバイオリンでやる寺井尚子のすごさ!!ソロもめっちゃやんちゃでした!!笑 アンソニージャクソンも最後に寺井尚子の名前が呼ばれたときちっさく拍手してたし!笑


その後アンコールでゲストも含めた6人全員が登場し、「Night In Tunisia」をセッション。

さらにダブルアンコールでも全員でスタンダードを1曲(タイトルわからないです!わかり次第書いときます。。)やって終了。


とにかく「Caribe」がすごい曲だということを再認識しました。
というかSaxの子18歳て…。ねー。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。