So-net無料ブログ作成
検索選択

千鳥 M-1グランプリラストイヤーの準々決勝 準決勝 決勝でやるネタを選ぶライブ (@ヨシモト∞ホール大阪)


タイトル通りの単独ライブです。ネタを選ぶライブというタイトルですがお客さんが投票するとかではなく、全体の雰囲気を見て千鳥自身がネタを決めるきっかけにするというライブだそうです。
 大悟『そこまでお客さんを信用してません』ww

∞ホールは京橋花月と比べても半分ちょいぐらいのキャパしかない劇場ですが、チケットは完売で250人入ってたみたいです。
関西ではほとんどのロケを千鳥がやっているだけにすごい人気でした。
あと僕らの世代のお笑いファンは笑い飯・千鳥・麒麟がトップ組で引っ張ってた頃のbaseが1番面白かったと思ってる人多いでしょうからね…。
そのbaseよしもとも12月3日で閉館してしまうわけですが


内容はかけないので設定だけ…

1本目
「隣の住人がうるさい」
2本目
「大悟の母親からノブへのプレゼント
3本目
飛行機で急患をオペする医者」
 ↓
ここで今までの千鳥が出場したM-1を振り返り反省し今年に活かすコーナーへw
千鳥は今年笑い飯と同じく結成10年目でラストイヤーなんですが、今までの成績は9位→9位→6位→8位という散々な結果!
そのときやったネタや、最終の3組に残れないことが決定したときのコメントを振り返ってました。
特に初出場の2003年はトップバッターでど下ネタをかましたので、いまだに関東で普通のネタをやると『今日は下ネタやらないんですね』とかいわれるそうです。
2005年で敗者復活で決勝に残れたとき、会場について麒麟の川島に『お帰り』と抱きしめられたというエピソードはちょっと感動しました。ノブはそれのせいでほとんど泣きながらネタしたそうですがww
 ↓
4本目
「殿に仕える足軽」
 これ一番面白かった!というかもう千鳥しかできない悪ふざけw
5本目
通販の注文
名作の蒸し穴子ですw
 ↓
2回目のコーナーは、大悟とノブどちらがくじ運がいいのかを決めるコーナー。
M-1に出た4回中2回も1番手を引いてしまっている千鳥が今年どちらがくじを引くのかを決めるコーナーで、2択の運試しを7回もやってました。
勝者はそれぞれ
1.縁日であるような吹いたら鳴るおもちゃが片方鳴らない:○大悟
2.おもちゃの刀が片方短い:○大悟
3.2つのイスのうち片方は座るとつぶれる:○大悟
4.片方のトースターのパンの出来上がりが遅い:○大悟
5.片方のTシャツの乳首の部分が切り取られている:○大悟
6.丸まっている掛け軸の片方がきよし師匠で、もう片方はつばさきよし・きよしw:○大悟
7.2つの紐のうち片方は美女、片方はデブに繋がっている:○大悟
ということで大悟が7連勝!!たぶんガチやったんでほんとにすごかったです。後半はノブTシャツから乳首だけ出たままやったしww
でその流れで大悟が実際のM-1を想定して1~8までのくじをひいたところ、普通にいい6番w
 大悟『いやおもろない!』w
でノブも同じように引くと5番ww
 ノブ『いや、おもろぉない!』www
 ↓
6本目
「嫁がカカア殿下」
今年の9月の10周年イベントでやってたネタ。
7本目
「名前がおかしい」
 ↓
エンディング


いやほんとM-1決勝残ってほしいです
最近決勝いけてないんで千鳥は。笑い飯と千鳥で優勝争いとかしたら泣いてまうかもなー

RIZE TOUR 2010 "EXPERIENCE" (@なんばHatch)

RIZEを見てきましたーはじめてみましたー

高校のとき2つ、大学入ってからも1つRIZEのコピーバンドしてたのでかなり思い入れのあるバンドなんです。
今は役者としての活躍がすごい金子ノブアキですけど、ほんとにめちゃくちゃドラムが上手なんですよ。昔から若手の中ではテクニックがすごいといわれていましたが僕はフレーズの多彩さがホントにすごいと思ってます。4小節で循環するフレーズをよく使っているんですけど、誰もいままでやったことのないようなパターンを簡単に、しかもいやらしさがなく自然に織り込めるセンスがほんとにすごいんです。

なんで昔から憧れのドラマーの一人だったのですごい楽しみでした。
そしてその高校のときに一緒にコピバンしてた友達とかと一緒にいきました(学生2人,フリーター1人,家事手伝い(ニート)1人)w


会場ついてびっくりしたのは、ゴリゴリのヤンキーみたいな男ばっかり見にきてんのかと思ったらめちゃくちゃ女の子のファン多い!!しかもほぼギャルww
やっぱり俳優金子ノブアキの人気すごかったです。実際MC中とかは「ヤバーいめっちゃかっこいいー」みたいな声常に聞こえてましたw

ライブ本編は新しいアルバムからの曲は全部やってて、最近の曲はシンプルで歌詞優先みたいな感じで、攻撃的な要素はあまり無くなってるんですがめっちゃ激しく盛り上がってました。
2,3曲目ですでになんばHatch中央のバーというか柵が3つも外されて前にながれて行きましたからねww そんな光景はじめてみた。ホルモンでもそんなんなってなかったけど。。
とくに「ピンクスパイダー」「カミナリ」「why I'm me」のときはフロアむちゃくちゃになってましたww 「why~」のときはJESSEも客席にダイブするし。
そして毎回MC中とかに金子ノブアキが軽くセッションというかBassのkenkenと一緒に適当に弾いてるんですがそれがむっちゃかっこいいんです!!
2人ともアドリブでやってると思うんですが、全く音に迷いが無いというかすごい抜けてくる音を出してきよるんですわ!!しかも2人とも相手のフレーズに対しての反応早い!さすが兄弟。
あんな短いMC中にもそおいう楽器での見所が作れるのはRIZEぐらいじゃないでしょうか。ああいう系統のジャンルのバンドでは。

・JESUS AND MARIA
・ZERO
・XL
・American Hero
・MUPPET
・Get the Mic
・EXPERIENCE
・ME
・神
・ピンクスパイダー
・GOTANDA (大阪バージョン??)
・Road Ⅱ 雷音
・Far Eastern Tribe
・YUZURIHA
・MIDDLE FLOWER
・カミナリ
en-1.Why I'm Me
en-2.NAME
(曲順はわからずーーーー)

実際に見るとJESSEがかっこよすぎました。あといっつもカミナリのラップを客を舞台に上げて歌わしてたんですが、今回はJESSEが歌ってました。


↑ツアーTかわいーねーー


終わってから一緒にバンドやってた友達と感じた感想は「懐かしかったねー」ではなくて「本物はあんなかっこいいのに恥ずかしいことしてたねー」でした。

MINAMI WHEEL 2010 3日目 (@ミナミライブハウス21ヵ所)

ミナミホイールにはじめていきました
12日~14日の3日間で21ヵ所のライブハウスに300組以上のアーティストが出るミナミのお祭りです。
ライブハウスが歩ける距離で密集しているミナミならではのイベントです。

12日のたむらぱんとかH ZETT Mとか、13日のハヌマーンとかねごととか見たかったんですけど、予定的に無理だったんで14日のみ行きました。
しかもラッキーなことに14日に見たいアーティストが6組も集中していて、なんと時間の被り一切無し!!でしたー。休む暇なかったですが


・nuxx (14:00~ @TRIANGLE)
1時ごろ着いてうろうろしてからはじめはライブハウスというよりもクラブの雰囲気のTRIANGLEに行きました。照明がカラフル!!
1つ目に見たのは今年ハマった√thummというバンドと一緒にtechrockというイベントを主催しているnuxxを見に行きました。
√thummと同様テクノ8割ロック2割ぐらいの曲だったんですけどnuxxの方がロックっぽかったです。
√thummはキラキラな感じで、nuxxはゴリゴリ感が凄かったです!
√thummと比べてnuxxのほうがめっちゃノレました。
√thummよりnuxxの方が好きかも!

転換中は次の時間帯に何処でどのバンドがやってるかというのと、そのバンドの曲が少し流れるので、それでえーなーと思うバンドも結構ありました!今回はほとんどみるバンド決まってたんで知らないバンド見に行くこと出来なかったんですが、いろいろ知らないバンドを見に回れるのがミナホの一番いいところだと思います
 ↓
・Saori@destiny (15:00~ @TRIANGLE)
同じ場所でSaori@~を見たんですけどあっとゆうまにオタクの男性達が集まってきましたw
曲がむっちゃかっこいいんで好きなんですけど、正直ライブで見なくても良かったかんじですキーボード2人おったけどあんまり意味無かったし、、前方では軽いオタ芸始まってるしww
でも曲はかっこいいと思います。ヤスタカより好きです。
1.エスニック・プラネット・サバイバル
2.ファニー・パレード
3.Shangri-La
4.chemical soda
5.サヨナラリヴァイバル
6.I can't
(↑セトリ全部わかった自分も十分オタクすね)
「Saoriは出身地公表してないんですけど、2年ぶりの大阪でのライブなんで今から関西弁でMCしたいとおもいます。」ってゆうMCなんかおもしろかったです。
 ↓
・your gold, my pink (16:00~ @DROP)
転換中に流れてたの聞いてViolent is Savannaってゆうバンドとかなり迷ったんですけど結局はじめから見るつもりだったyour gold,~のほう行きました。
いっつもドラム以外自分の楽器持たずにパーカッションとか持ってセッションから始まるんですが、今回はサンバっぽいやつでした。
2ndアルバム聞いてなかったんですけど新しい曲はより浮遊感というかなんかそんな感じが増しててより個性的になってました。あの感じのツインボーカルがまずあんまり無い感じですしね。
ほんで相変わらず女の子のファンばっかり!!たぶん規制かかってたぐらいパンパンだったんですけど前の方は女の子ばっかりでした。
 ↓
・チュール (17:15~ @鰻谷sunsui)
ベースボーカルとギターの2人組です。ライブではドラムだけサポートでいました。そこそこ人も入ってました。
普通のポップスなんですけどボーカルの声が好きで、あとメロディもキャッチーなんで好きです。
「見てみてよ」「思想電車」と新曲の「やさしさを考えてみる」のシングル曲は全部聞けてよかったです。「やさしさを考えてみる」がすごいいい歌です。
今年中にアルバム出るそうなんで楽しみです。
 ↓
・フルカワミキ (18:00~ @BIGCAT)
チュール最後まで見てダッシュでメイン会場のBIGCATへ!結構すいてて前の方いけました。
ステージの幕は閉まってたんですが、聞こえてくるリハーサルの感じからドラムがむちゃくちゃうまいな~と思って楽しみにしてて、本番始まったらなんとあの沼澤尚でした
正直フルカワミキ一つも見ないでドラムばっかり見てましたw シンバルが全部大きいサイズやのにアタック音強烈でした。
「I'm On Earth」からスタートで1番好きな「金魚」も聞けてよかったです。ライブセットで聴くと全然印象変わりました。ただ機材トラブルあったみたいでその場で曲変更しながらやってました。「サイハテ」のイントロ一瞬流れてやめたりしてたし。
チュールのボーカルが後ろで見てました。
 ↓
・winnie (19:00~ @KING COBRA)
次に男女ツインギターボーカルのwinnieを見に行きました。
「who's dreaming deep」から始まってあとは曲名わからなかったですが、音は激しいのにメロディは落ち着いているという独特の感じの曲が多かったです。かっこいいなー。
来年2月にミニアルバムが出るみたいなんで、ツアーしたらライブいくと思います。
 ↓
・キングブラザーズ (19:00~ @KING COBRA)
いちおうwinnieまででぼくが見たかった出演者は全部フルで見れて大満足だったので、この最後の時間帯は何見るか決めて無かったのですがそのままキングブラザーズを見ることにしました。
開演前から人がどんどん集まってきてあっとゆうまに規制かかってました。
はじめてみたんですがさすが西宮の狂犬の異名を持つだけあってどんなバンドとも一線を画してました。まずドラムも含め全員がステージ前方に一列で演奏してましたからね。
ほんでギターが客席に連続3回ダイブして、最終的にはドラムをフロア中央に移動させて全員でそこでやってました。後方に避難していたんですが結局全員真ん中に集まったので意味無かったですw 全体がモッシュ状態。
ワンマンいく勇気はないけどイベントで出てたらまた見たい!!


転換中に流れてたバンドの紹介で、LIGHT BRINGER , Violent is Savanna , FLiP , joy , JiLL-Decoy associationとか知らなかったけど見てみたいなーと思ったバンドたくさんありました(特にViolent is Savannajoyはマイスペで聞いたけどかなり好き)。

来年は知らないバンドもたくさん見にホイールできるようにがんばります

MINAMI WHEEL 2010 EXTRA -MIDNIGHT EDITION- 1日目 (@なんばHatch)

大阪では毎年恒例のFM802主催ミナミホイールのオールナイトイベント行ってきました!1人です。オールナイトイベントやのに。。

ぼくは14日のみミナホに参戦するんですが、ミナホのチケット持ってる人はなんとドリンク代500円のみで入場できるとういことでほんとありがたいイベントです
しかもめちゃくちゃ好きなフーバーオーバーと四星球、Aira Mitsukiとのコラボでよかったsawagiとかも出るということで下手したら本編より楽しみでした。

・rega
1バンド目はregaというインストバンドでした。
タワレコでかかってんの聞いたときはスペアザっぽい感じでそんなかな~と思ってたんですけどライブめっちゃよかった!!!!
とにかくギター2人とベースが動きまくりながらも複雑なリフを弾きまくっていて緩急がめっちゃしっかりしていたのですごいノレました
ドラムもフレーズ多彩ですごかったです。腰悪くするぐらいのイスの低さでしたが。
 ↓
・竹内電気
もうね、すごい衝撃をうけましたよ。いままで見た日本人のバンドのメンバーのドラムの中で1番うまい
難しいことしてるわけではなかったんですがとにかく安定感・フレーズ・音色全て僕の理想でした。
特にバンド全体は結構90年代な感じのキャッチーなJ-POP見たいな曲が多かったんですけどスネアの音色が完璧にそおいう感じでビビリました。
CD借りようと思います。
 ↓
・sawagi
key,dr,gt,baのインストバンドです。
aira mitsukiとのコラボではじめて知ったんですけど、regaとは違ってかなりクラブ風な感じでした。基本4つ打ちやし。
楽器はregaのほうが全然うまかったけど、この日一番盛り上がってたのはこのバンドでした。またライブでみたい!!!
 ↓
・四星球
すでに今年3回目の四星球wwww
今回もネタの仕込みの数ハンパやなかったです。だから4曲しかしてないけどw
ほんまに毎回違うことやっててすごい!全部書くんは無理なんでオープニングの様子は
Gt「おれツイッター始めようと思うねん」
Ba「俺やってるから教えたるわ」
Gt「あーほんま?ほな教えて今日持ってきてるから。」
Ba「持ってきてるて何を……ってお前それツイスターやないかい!」
[ドラムが客席に降りてお客の1人とツイスターをやることに]
Gt「じゃあお客さんの右手が黒。でモリスの左足が緑!」
Ba「いや緑あらへんがな。」
『緑はここやで~~~!!』
[客席の後ろから緑の全身タイツとジャケットのVo登場]www
見たいな感じですw 売れてほしいな。
 ↓
・THEラブ人間
この時点で1:50
下北出身のバンドでゆら帝の前座もしたことあるとか。
ストレートな歌詞とバイオリンが印象的でした。
 ↓
・アシガルユース
フロントがデブ2人のバンドってゆうのは確認しましたが眠たすぎて2階席で寝てしまいました。
 ↓
・knotlamp
ここで3:30
名前結構聞くしいいってゆってる人も多いので期待してましたが、普通でした。
あんまりパンクは好きじゃないです。メロコアとパンク足したみたいな感じは。。
 ↓
・フーバーオーバー
でやっとフーバー!!もう4:20ww
1.春はあけぼの
2.感電
3.フェンダー
4.チョコレート
5.雷模様
6.コレクション
たぶん人一番少なかったw
今年のワンマンはSAKEROCKとかぶってて見れなかったんでみれてよかったです!年明けに大阪でのライブ告知も聞けたし!楽しみ!!
もうちょっと新曲やってほしーなーって毎回思います
 ↓
・MUNA SEA
神戸のライブハウス太陽と虎の店長やガガガSP山本とかからなるLUNASEAのコピーバンド(というか当て振りwww)です。今回山本さんはいなかったですが。。
毎年ミナホ限定で結成するらしく今年で3回目?
ビジュアル系をバカにしようがモットーでドラムはダンボールに絵描いてるだけやしGt,Baはシールド繋がってないし、そんなことよりほとんどよく出来たコントでしたw
ちなみに真矢には許可とってる上に大喜びだったらしいのですが、SUGIZOはブチギレだそうですww

あと1アーティストいたんですが始発のじかん来たので帰りました


転換中はミナミホイール始まって以来10年間毎回出場していたMr.ミナミホイールがシャンパンのコルクをお尻で受け止めたり、チャリンコでhatchの大階段を下りたりしてる映像が流れたり、802DJが曲かけたりして盛り上がってました
あと1階後ろには畳ゾーンがあって、2階席部分も開放していたのでとても快適でした。またいこー。

FACT JAPAN TOUR 2010 AUTUMN (@京都MUSE)

FACTをはじめて見に行ってきましてん。

海外のアーティスト何組かと日本をツアーで回っているみたいで、京都は7日目でした。
大阪在住なんでなんばhatchとかBIGCATとかにはよく行くんですが、京都MUSEにははじめて行きました。やねんけどすごい狭い!!
たぶんお客さん500人入らないぐらいやと思うんですけどステージとの距離も当然近いですし、ダイバーが自分の上を通過する確率も高かったですw
ただ将棋倒しみたいなんは起こらないので結構広いところよりかなり楽でした。


・Greeley Estates
はじめに登場したのはGreeley Estatesというハードコア系のバンドでした。
あまり自分がよく聞くようなジャンルではないんですが、激しかったです。
こういう系統はドラムの特に足がむっちゃ回る印象あるんですけど、実際めっちゃ上手でした。ボーカルもやっぱり本場の人やからシャウトが全然ちゃうな~てゆう感じでした。
なぜかFACTのメンバー何人かが顔隠して楽器もって45秒ぐらい登場してました。

・Closure in Moscow
このバンドも外国のバンドでしたが、FACTに近かったです。というか僕の好きなProtest The Heroてゆうバンドに似てて、「何メロまであんねん!!」ててゆうぐらいの複雑な構成と、難解なキメとわかりやすいサビてゆう感じの曲が多くてかなり好きでした。
このバンドもドラムうまくて、ドラムソロではジャズっぽい感じのことしてて多彩でした。それで盛り上がることは無かったですがw
あと「まつり」ってゆう言葉を連呼してましたなぜか。外国人のしゃべる片言の日本語ってめっちゃ面白いですよね。

・FACT
ほんでからFACT。
曲順わからないですが
Paradox
Los Angels
A Fact Of Life
Purple Eyes
this is the end
slip oh the lip
dec 2
part of it all
sunset
Rise
とかやってたと思います。もっとやってたけど。
とにかくダイバーが多い!!しかも女の子4割ぐらい!!
友達は2曲目でダイバーの靴で鼻血出てましたwww
意外とCDのとおりにライブでもやっていてびっくりしましたね。早い曲でもテンポ落としたりしてなかったし。ドラムうまいなー。
あと曲聴いてるだけだとヘビーな印象強かったんですけど、ちゃんとポップな部分とかキャッチーなみんなで歌える部分とかが要所要所にあってライブむちゃくちゃ楽しめました。複雑なとことポップなとこのバランスがよくて。
ボーカルのMCがプロレスラーの試合後ぐらい途切れ途切れに単語が出てくる感じだったところ以外はほんとよかったです!
あと右のギターとボーカルがタンクトップお揃いだったことも気になりましたがそれ以外はめっちゃ楽しかったです!!!

大阪ではまあまあ大きめのライブハウスでやるバンドを見に行くことが多かったので、京都まで出て行って小さいライブハウスでみるのも全然ありやなーと思いました


ライブハウス出るとき友達が着ていたホルモンの「タンポ○Tシャツ」にCD売ってた1バンド目のベースの外人がめっちゃ食いついてて笑いましたw

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。