So-net無料ブログ作成
検索選択

metallic exotic tour 2011 (@鰻谷sunsui) [ライブ]

念願のmouse on the keysやっと見れました!!↓
http://www.youtube.com/watch?v=16g0M3lJvio
とにかくドラムが圧倒的に巧いです。フレーズのセンスとかダイナミクスとかすごくてずっと見たかったんですが、海外での活動が結構メインみたいでなかなかこっちでライブ無かったんですけど、同じレーベルのkowlonのリリースツアーでしかもかなりキャパの小さいsunsuiに来るということで行きました。

4バンド出てましたが全てインストバンドでした。

Talking Dead Goats 45
ドラム・ギター・ベースの3ピース。
ギターとかのフレーズは静と動がはっきりしてる構築系のフレーズを多用してましたがドラムは結構一貫してはっきりしたビートでかっこよかったです。

 ↓

・middle 9
キーボードの人が鉄琴も弾くってゆう独特のスタイルでした。
曲は横ノリ系で楽しい感じでしたが、ちょっとキーボードが下手すぎてあんまりノレませんでした。鉄琴はめっちゃいい感じやのに!
MCは長おもしろかったです。

 ↓

・mouse on the keys
もう圧巻。ほんまに。
1曲目「Spectres De Mouse」がほんとにミニマルフレーズに絶妙に絡みつくドラムがすごくて、さらにライブ感もすごくてとにかくドラムがすごいんですこれは。なんでこんなこと思いつくんやろ。
で演奏だけでなくて、照明にも指示出してる人がいたりしてすごい独特な雰囲気を作り出してました。
CDだけ聞いてるときはかなりスマートな感じのライブを想像してたんですが、実際はもう客と数センチの距離でサックスがソロしたり、ドラムが客席にシャウトしながら下りてきたり、次のkowlonのベースが天狗のお面つけて乱入したりけっこういききってるライブでしたw

 ↓
・kowlon
でトリはkowlon。キーボードの人は木村カエラのバックでもやってはる人で、アレンジも結構参加されてるみたいです。
ドラムンベース系のトラックでROVOみたいに一気に爆発する感じでした。
キーボードの人かなりうまい。

でアンコールはkowlonがmouse on the keysの「最後の晩餐」をむちゃくちゃ速いテンポでやってました。
このフレーズをもっと速いテンポで普通に弾くキーボードはほんと異常でした。


さすがにインストバンド4つ連続はおなかいっぱいなりましたが、全部キャラクターが違うくて飽きずに見れました。
そしてmouse on the keysは頭1つ以上飛び出してました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。